競技規定

_MG_3113

流鏑馬の魅力

乗馬では常歩(なみあし)、速歩(はやあし)、駈歩(かけあし)という3種類の歩様を使い分けます。その中でいちばん速いのが駈歩です。
ところが流鏑馬では駈歩よりさらに速い襲歩(しゅうほ)という歩様で走ります。競馬でいう「ギャロップ」。最高速度で駆け抜ける馬を見るだけでも十分に迫力がありますが、さらに馬上の騎手が矢を放ち、的を射抜くのですから見ごたえあります。日本古来の武芸ということもあり、儀式や所作にも厳然とした作法あります。馬や騎手の装束も、凛として古式ゆかしいものです。
かつては日本各地の祭や行事として行われていた流鏑馬も、今ではなかなか見ることができなくなりました。十和田乗馬倶楽部では、和式馬術に憧れる有志が、和種の保存活用と、スポーツ振興の一環として競技流鏑馬を奨励しています。

IMG_0166

競技としての流鏑馬

伝統的な流鏑馬界には封建的かつ封鎖的な規律があって、一般人が容易に愛好できる環境とは言えません。また寺社への奉納行事として披露することが多いため、実践的な色あいが薄まり、様式が重んじられています。つまり的を正確に射抜くこと以上に、儀礼や所作が重視されてるのです。馬も、和式馬術とはほど遠い洋種馬が用いられることが多いです。
2002年7月、全国の流鏑馬愛好者が集まって流鏑馬競技連盟が創設され、北海道芽室町で初めての流鏑馬競技会が開催されました。競技としての流鏑馬は、射法や儀式的な部分を重視せず、純粋に的中率が競われます。
普及を第一の目的としているので、馬具や騎手の装束に関しては細かく規定されていません。ただし原則として馬は和種または和種系であることが決められています。

224A9141

競技規定(流鏑馬競技連盟東北支部 2012年1月7日改正)

【馬】
・和種・和種馬系を基本とするが、馬の大小及び種類は問わない
・各クラブ・各団体が責任を もって選抜した馬を競技馬とする
・個人参加の場合、各主催者団体担当者が判断する。
・首指し良く・足さばき良く・物に動じぬ・物見をせぬ馬が 流鏑馬ホースとして大事である
【馬装】
・和ハミ、和鞍、和鐙とし 三懸を基本とするが最低限三懸を着用
【選手及び選手の服装】
・和装
・保護帽の着用義務
・各クラブ・各団体が責任をもって 選抜した選手を大会に出場させる
・クラブに所属しているが他団体から馬を借りた場合 馬貸主が選手への責任を持つ (クラブが馬の貸し借りに 仲介に入った場合は別である)
・個人参加の場合 各主催者団体担当者が判断する
【走路】
・スタートから的間、ゴールまでの距離は 『スタートから一の的まで約25メール』 『的間約50メートル~60メートル』 『三の的~ゴールまで約25メートル』 とし各会場状況で設定する。
・走路の幅は 約2.5m
・走路から的までの距離は約2m~約5mとし各会場状況で設定する
・的のサイズは45cm~60cm
・走路入口はジョウゴ型、
・埒の高さは約90センチ位が望ましい
【配点・タイム】
・配点、制限タイムも同様各主催者が調整する
(プロ級においては12秒を2012年度は実施し2013年度から正式に制限タイムをルールへ加える予定)
【弓矢】
・弓は和弓とし弓上限10キロ
・矢は90センチ以上の鏑矢とし鏑は直径3センチ以上の角が無く木製とする
(プロ級においては3枚羽の使用を2012年度は実施し2013年度から正式にルールへ加える予定)

ページ上部へ戻る