「流鏑馬立射演武」普及事業

「流鏑馬立射演武」普及事業
~2025年までに参加1000人を目指そう!~

■事業の概要

十和田流鏑馬観光連盟では、広大な敷地や実際の馬を用いずとも、競技流鏑馬の一部を体感・理解できる参加型のプログラム「流鏑馬立射演武」を指導するための巡回教室事業を行うことといたしました。
また、「流鏑馬立射演武」解説動画を制作するとともに、リモートでも指導が可能な環境をつくり、国内外への普及活動をします。
そして、国際博覧会(大阪・関西万博)開かれる2025年には、本事業にて集まったメンバーで、演武披露を世界に向けて発信するとともに、参加者同志の友好親善を図ります。
同じプログラムを共有することで、世代や性別、地域を超えて、みんなが分かり合え、認めあう、そして世界中を笑顔にする場をつくります!
地域や国をまたぐさまざまな人の交流を活性化します!
本事業にご賛同いただける個人・団体のみなさま、ぜひ一緒に取り組みましょう!


■事業のきっかけ


私たちは、日本の伝統武芸である「流鏑馬」を、 古来の武芸に学び新しい時代の要素に応えながら、勇壮華麗な技を競い合える、老若男女楽しめる競技スポーツとしての定着・普及に努めるべく、競技大会イベント開催を行い、古くから馬の名産地として飛躍を遂げた青森県十和田市の観光振興にも努めています。

近年では、この流鏑馬をフックに、地域の歴史・文化や日本の伝統について身近に感じるとともに、国際的に活躍する場面を設定し、日本人が生み出してきた文化に対する誇りを持って、話したり説明したりできるための教育活動にも取り組んでいます。そこで用いる、「かたち」「やり方」「考え方」から学び、文化の背景にある思考や歴史までを深く知り現代にどう活かすかについて考える機会となる参加・体験型のプログラム「流鏑馬立射演武」を広めたいと思いました。


■大阪・関西万博のテーマとの関わり

「いのち輝く未来社会のデザイン」のサブテーマ Connecting Lives(いのちをつなぐ)にフォーカスし、地域・世代を超え人と人が繋がる 広い地域とパートナーシップを組み、実現させ2025年の万博時にその成果を発表し、世界に発信していきたいと考えています。


■SDGsとの関わり




「流鏑馬立射演武」指導講習を通じ、地域の歴史・文化や日本の伝統について身近に感じるとともに、文化の背景にある思考や歴史までを深く知り現代にどう活かすかについて考える機会を提供します。




老若男女楽しめる競技スポーツとしての流鏑馬の普及により、男女問わず社会で広く活躍できる方の創出を目指します。




ノーマライゼーションの理念に基づき、「流鏑馬立射演武」を通した性別・国籍・年代を越えた世界平和作りに貢献します。


■活動中の事業


特定非営利活動法人EPO(静岡県富士宮市)
障害を持つ方々の就労支援・自立支援の場として、乗馬をつうじた生きがいづくりや社会参加を促し、農業を軸とした生産活動を行なっています。スポーツ流鏑馬を事業に取り入れ、子どもたちによる立射演武や体験会を実施しています。


●まるくこども園「こども流鏑馬立射演武隊」(青森県十和田市)
クラブ近隣の認定こども園の園児9名(年長クラス)が、10月の世界流鏑馬選手権での流鏑馬立射演武発表に向けて、毎月1回の弓矢指導を受講します。


※2021年5月20日デーリー東北に掲載されました(クリックで拡大)


■「流鏑馬立射演武」発表の記録

・(2021/4/24・25)第18回桜流鏑馬[十和田市中央公園]競技選手13名



・(2021/3/6・7)桜流鏑馬展[八戸ショッピングセンターラピア]競技選手6名

・(2020/12/19・20)流鏑馬文化祭[十和田商工会議所]競技選手3名

・(2019/10/5)十和田商工会議所青年部記念式典[富士屋グランドホール]競技選手3名

・(2019/4/20・21)第16回桜流鏑馬[十和田市中央公園]競技選手8名

・(2019/1/18)ホースメッセ[横浜赤レンガ倉庫]競技選手6名

・(2018/4/21・22)第15回桜流鏑馬[十和田市中央公園]競技選手8名

・(2017/9/23・24)あおもり10市大祭典[十和田市中央公園]競技選手16名

ページ上部へ戻る