世界流鏑馬選手権

「第8回世界流鏑馬選手権」(2022年10月15・16日開催予定)の借馬希望選手の選考方法について

(6/12更新)「THRCホースショー流鏑馬大会」成績結果による借馬出場権獲得者発表

(オープン)北林央、成田園子

(5/22更新)「第4回高岡杯流鏑馬男子大会」成績結果による借馬出場権獲得者発表

(オープン)佐々木恩章、澤田洸平

(4/27更新)「第19回桜流鏑馬」成績結果による借馬出場権獲得者発表

(初級)広瀬絵理、ネルソン・タナヤ、縄野優希
(中級)ガーディナー司子、石橋良子、増田萩華
(上級)折坂つぐみ



選考基準
1. 今年度開催される各競技大会の成績上位借馬選手が、世界流鏑馬選手権への出場権を獲得できる。(対象大会・出場権数は別表のとおり)

2. 各団体内で出場者を選出する団体[寒河江八幡宮流鏑馬保存会、古殿町流鏑馬保存会、にんじんサークル]は、予め出場枠数を設定する。

3. 1および2が確定し、出場可能数に空きがあった場合は、追加選考(予選会or書類応募)を行う。

(別表)選考対象大会と出場権数

※成績上位者が選考対象外者(自馬参加・団体枠・すでに出場権を獲得した選手)の場合は、繰り上げて選出する。
※出場権獲得者が辞退した場合は各大会での繰り上げは行わない。

出場者決定までの流れ

告知文書ダウンロード(PDF)
http://towada-joba.com/pdf/2022sekaisenkou.pdf

■本件に関するお問い合わせ
十和田流鏑馬観光連盟
青森県十和田市三本木字佐井幅115-2
(十和田乗馬倶楽部内)
TEL 0176-26-2945
Mail info@towada-yabusame.com


「第7回世界流鏑馬選手権リモートマッチ」は無事終了しました。
競技の模様は、公式Youtubeチャンネルにてご覧いただけます。


結果表(※クリックで拡大)

「第7回世界流鏑馬選手権リモートマッチ」(1日目)

「第7回世界流鏑馬選手権リモートマッチ」(2日目)


Youtube配信のごあんない

全国どこからでも世界流鏑馬選手権を楽しめます!
各日収録したものを、その日の17:00(予定)に公式Youtubeチャンネルにて無料配信いたします。
「十和田流鏑馬観光連盟Youtubeチャンネル」への登録よろしくお願いします!!


「第7回世界流鏑馬選手権リモートマッチ」出場選手決定


※クリックで拡大


(9/22更新)【無観客配信へ変更のお知らせ】第7回世界流鏑馬選手権

令和3年10月16日(土)・17日(日)開催を予定しておりました「第7回世界流鏑馬選手権」について、新型コロナウイルスの感染拡大状況を鑑み、ご来場の皆様、開催地域の皆様の安全確保のため、無観客・配信での開催とすることを決定いたしました。
また、現在政府及び県から発表されているガイドラインの遵守ができるイベント実施において、当会の運営体制(人員・財源など)では、ガイドラインに沿った開催は不可能でもあるとやむなく判断いたしました。
感染状況を見ながら、開催実現可能な可能性を模索していた為、開催可否の発表までに時間を要し、ご心配とご迷惑をお掛けした事をお詫びいたします。
改めましてご理解頂けますよう何卒よろしくお願い申し上げます。


(2021年)第7回世界流鏑馬選手権リモートマッチの開催概要

会期 令和3年10月16日(土)~17日(日)
主催 十和田流鏑馬観光連盟
後援 十和田市、十和田商工会議所、一般社団法人十和田奥入瀬観光機構

■実施種目
個人戦:初級・中級・プロ級
勝抜戦:中級甲以上または各クラブ推薦者

■競技規定(一部)
□競技は日本流鏑馬競技連盟の定める競技規定に従って行います。
□的に同心円は無く、的中か否かのみを競います。
□弓は、長さ2m以上、強さプロ級10kg、中・初級8kg以下とします。
□矢はかぶらを除き90cm以上の神頭矢(かぶら矢・木製)を使用してください。
□プロ級、勝抜戦は3枚羽のみ使用してください。
□1日に初級2走、中級3走、プロ級4走、勝抜戦(最大4走)を2日間行います。
□順位は、獲得点数の高い人が上位、同点の場合は合計タイムの速い人を上位とします。
□競技中の落馬は失格になります。

■表彰
☆初級 総合1~3位に賞状と賞品<各日1~3位に賞状>
☆中級 総合1~3位に賞状と賞金<各日1~3位に賞状>
☆プロ級 総合1~3位に賞状と賞金<各日1~3位に賞状>
☆勝抜戦 1位に賞金
☆特別賞:本年度のスポーツ流鏑馬指針にもとづき(新人賞・弓使い賞・安全騎乗賞)を決定。賞状と賞品


選手のおもい・応援メッセージ動画

「第7回世界流鏑馬選手権」への、出場選手コメントと応援メッセージ映像です。
企画・制作:十和田流鏑馬観光連盟 中野 守(流鏑馬映像クリエイター)

ページ上部へ戻る