お知らせ

6.162024

「第10回世界流鏑馬選手権」(2024年10月19~27日開催予定)の 借馬希望選手の選考方法について

(6/16更新)「THRCホースショー流鏑馬大会」成績結果による借馬出場権獲得者発表
(オープン)澤田洸平、下荢坪陽子


(6/10更新)「全国やぶさめ競技第17回遠野大会」成績結果による借馬出場権獲得者発表
(初級)原友唯、黍原ゆらい、多田光希
(一般)澤田佳子、山本紀子、成田園子、髙田美緒
(プロ級)竹村亮哉、佐々木恩章、小舘秀樹


(5/20更新)寒河江大会の不開催および遠野大会のクラス部門増加を受けて、大会ごとの出場権数を改定することといたしました。
内容は下段をご覧ください


(5/12更新)「第6回髙岡杯流鏑馬男子大会」成績結果による借馬出場権獲得者発表
(オープン)下山和史、寺尾俊光


(4/18更新)「第21回桜流鏑馬」成績結果による借馬出場権獲得者発表
(初級)夏秋明珂、森田優実
(中級)ネルソン・タナヤ、石橋良子
(上級)薄井瑛美
(プロ級)金子花音


◆会期・内容について
「世界選手権」と銘打ってから10回目の節目となる記念大会として、今年度は会期を拡大(競技クラスを2週に分けて実施)し、その間の期間も「流鏑馬ウィーク(仮称)」と題しての地域を挙げてのイベント展開や、インバウンド旅行者等を対象とした武道ツーリズムプログラムとしてのチャレンジマッチ開催などを行う。
※想定スケジュール(変更の場合あり)
・第1週末(10/19・20)個人戦(中級・上級)、団体戦
・第2週末(10/26・27)個人戦(初級・プロ級)、チャレンジマッチ

選考基準
1. 今年度開催される各競技大会の成績上位借馬選手が、世界流鏑馬選手権への出場権を獲得できる。(対象大会・出場権数は別表のとおり)

2. 各団体内で出場者を選出する団体[寒河江八幡宮流鏑馬保存会、古殿町流鏑馬保存会、にんじんサークル]は、予め出場枠数を設定する。

3. 1および2が確定し、出場可能数に空きがあった場合は、追加選考会(予選会)を行う。

(別表)選考対象大会と出場権数
(5/20更新)寒河江大会の不開催および遠野大会のクラス部門増加を受けて、下記の通り大会ごとの出場権数を改定することといたしました。
<改定後>

<改定前>

※成績上位者が選考対象外者(自馬、リース参加・団体枠・すでに出場権を獲得した選手)の場合は、繰り上げて選出する。
※出場権獲得者が辞退した場合は各大会での繰り上げは行わない。
※自馬・リース出場者が増加した場合、枠数は変更(減少)する場合がある。

出場者決定までの流れ

告知文書ダウンロード(PDF)
2024年5月20日改定
http://towada-joba.com/pdf/20240520kaitei.pdf

2024年2月22日告知
http://towada-joba.com/pdf/2024sekaisenkou.pdf

■本件に関するお問い合わせ
十和田流鏑馬観光連盟
青森県十和田市三本木字佐井幅115-2
(十和田乗馬倶楽部内)
TEL 0176-26-2945
Mail info@towada-joba.com


「流鏑馬ホース リースプラン」のごあんない


「流鏑馬ホース リースプラン」は、集中して流鏑馬競技を. 楽しみたい人への 「お手軽・お得・安心」 なご提案です。

(クラブでの騎乗料+公式大会での借馬料+年会費)全部込みで、1年間(2024年4月〜2025年3月)月々40,000円

★お手軽…購入資金(馬代金)不要。月々のお支払だけで同じ馬に乗り続けることができます。
★お得…クラブでの騎乗料ナシ乗れば乗るほどコスパは上昇。馬との時間をたくさん作ることができます。
★大会出場保証…予選・選考を必要とする流鏑馬競技公式大会への出場権も有することができます。

お申込み期限は3/31まで!! 契約内容詳細のご確認など、お気軽にクラブまでお問い合わせください。

リーフレット(PDF)ダウンロード
http://towada-joba.com/pdf/2024horselease.pdf

過去の記事

  1. 7.152024

    「馬探2024 ~地域の馬の歴史・文化探究コンテスト~」 応募受付開始!

    「馬探 ~地域の馬の歴史・文化探究コンテスト~」作品募集の受付を開始しました!応...

  2. 7.42024

    (7/14八戸公園)無料乗馬体験会のごあんない

    日時:7月14日(日)10:30~12:30会場:八戸公園(こどもの国・八戸植物公園)料...

  3. 7.32024

    十和田市馬事公苑(駒っこランド)企画展&特別イベントのご案内

    ■ミニ企画展「~射る~流鏑馬の世界」古くから武芸や神事として行われてきた流鏑馬と、競技として...

ページ上部へ戻る