世界流鏑馬選手権

第3回世界流鏑馬選手権は無事終了いたしました。
多数のご来場ありがとうございました。

青森県東部は古くから南部馬の産地として栄え、とりわけ十和田市は日本最大の軍馬補充部が置かれていたことなどもあって、馬に対する愛着の強い土地柄です。現在の十和田市は「馬にこだわった街づくり」を目指し、都市計画から文化・観光事業においても馬の活用を推進しています。その馬を活用したイベントである世界流鏑馬選手権は、全国から流鏑馬の愛好者を募り、日頃の鍛錬の成果を競ってもらうべく企画しました。同時に、観衆に対しては古来より脈々と受け継いできた武芸の素晴らしさを間近で堪能し、さらには和種馬の存在価値を再認識する契機となることを期待しています。

(2017年)第3回世界流鏑馬選手権の開催概要

会期 平成29年10月14日(土)~15日(日)
会場 十和田市中央公園緑地 流鏑馬会場
主催 十和田流鏑馬観光連盟
後援 十和田市・青森県上北地域県民局・流鏑馬競技連盟東北支部・(社)全国乗馬倶楽部振興協会

【(2017年)第3回世界流鏑馬選手権大会結果】
●初級
■総合優勝 阿曽 薫
■総合2位 成田 園子
■総合3位 髙岡 和人

●中級
■総合優勝 中澤 栄次
■総合2位 阿部 誠悟
■総合3位 阿部 巧

●プロ級
■総合優勝 布施 蒼依
■総合2位 池田 賢治
■総合3位 上村 鮎子

●団体戦
■総合優勝 道央流鏑馬会
■総合2位 青森県選抜
■総合3位 全国流鏑馬女子部2017

●勝抜戦
■初日優勝 布施 蒼依
■2日目優勝 布施 蒼依

●特別賞
■ベストドレッサー賞(男性)髙岡 和人
■ベストドレッサー賞(女性)尾形 栄衣子
■弓使い賞 阿部 誠悟
■安全騎乗賞 古舘 要・奥山 寛人
■新人賞 鈴木 頼子

★(10/14.15)第3回世界流鏑馬選手権 出走表

★(10/14.15)第3回世界流鏑馬選手権 調整(試走)時間割表

★第3回世界流鏑馬選手権 10/12(木)・13(金) 練習会時間割表

★参加要項・チラシダウンロード

・第3回世界流鏑馬選手権(10/14・15) → http://towada-joba.com/pdf/2017sekaiyoukou.pdf
・前々日・前日練習会案内(10/12・13) → http://towada-joba.com/pdf/2017sekaizenjitu.pdf
・借馬申込エントリーシート → http://towada-joba.com/pdf/2017entry.pdf
・ボランティアスタッフ募集 → http://towada-joba.com/pdf/2017sekaibora.pdf

■実施種目

流鏑馬競技 初級(大会出場経験5回未満)
流鏑馬競技 中級(5大会以上出場経験者もしくは各クラブ推薦者)
流鏑馬競技 プロ級(乗馬インストラクター、大会入賞者)
流鏑馬競技 団体戦(1チーム3名・中級以上出場者もしくは各クラブ推薦者)
流鏑馬競技 勝抜戦(中級以上出場者もしくは各クラブ推薦者)

■参加料

エントリー料=選手1名につき初級8,000円、中級10,000円、プロ級12,000円、勝抜戦5,000円、1チームにつき団体戦6,000円
借 馬 料=馬1頭につき、会員10,000円・ビジター12,000円。自馬参加の場合は不要
自馬参加への補助 自馬参加の場合は輸送補助費として支給します。

■配馬と出走

馬の頭数に限りがあるため、借馬によりイベントに参加できる人数は初級20名・中級12名・プロ級8名までとなっております。
応募者が多数の場合、借馬の可否については十和田乗馬倶楽部で選考させていただきます。あらかじめご了承ください。

■競技規定

□競技は流鏑馬競技連盟の定める競技規定に従って行います。
□的に同心円は無く、的中か否かのみを競います。
□矢はかぶらを除き90cm以上の神頭矢(かぶら矢・木製)を使用してください。
□プロ級、団体戦、勝抜戦は3枚羽のみ使用してください。
□1日に初級2走、中級3走、プロ級4走、団体戦2走、勝抜戦(最大4走)を2日間行います。
□順位は、獲得ポイントの高い人が上位、ポイントが同数の場合はタイムの速い人を上位とします。
□競技中の落馬は無得点になります。
□使用する弓はプロ級10kg、中・初級8kg以下とします。また競技初日の朝、弓のkg数の確認をします。

■表彰

☆初級 総合1~3位に賞状と賞品<各日1~3位に賞状>
☆中級 総合1~3位に賞状と賞金<各日1~3位に賞状>
☆プロ級 総合1~3位に賞状と賞金<各日1~3位に賞状>
☆団体戦 総合1~3位に賞状と賞金
☆勝抜戦 1位に賞金
☆特別賞:流鏑馬競技連盟東北支部会議による本年度のスポーツ流鏑馬指針にもとづき特別賞枠を決定。賞状と賞品。(新人賞・ベストドレッサー賞・弓使い賞・安全騎乗賞を選出)

■実施スケジュール

07:00~ 試走開始
09:00~ 初日:開会式、2日目:待機馬場にて安全対策諸注意
09:30~ 初級の部2走
10:00~ 中級の部2走・団体戦1走
12:00~ プロ級の部4走・ 団体戦1走
13:30~ 中級の部1走・勝抜戦
競技終了後 (初日:記念撮影会、2日目:表彰式)

駒フェスタヒストリー

1994年から2016年まで、「駒フェスタ」全23回の記録を写真とともに紹介します。
ページ上部へ戻る